GHEE胡麻日記

2012.06.22

GHEE胡麻・今日の仕入れ~枝豆

お客様のお声でよく耳にするのは、

「枝豆、ある?」

GHEE胡麻では、1年間で見ると、無い季節の方が長いんです。

それは、冷凍の枝豆を使わないから。

初夏の地物から始まり、秋の丹波・黒豆や茶豆までの生の枝豆が入荷する間のみの、ご提供になります。

 

今期ようやく納得するものが手に入りました。

まだ少し小さ目ですが、鮮度もよく甘みのある地物です。

さあ!旬の味、枝豆はいかがでしょうか。

冷凍物にはない、風味の良さと豆本来の力強い甘みをお楽しみください。

 

2012.06.21

梅雨とイワシと紫式部

 江戸時代に書かれた書物に、紫式部さんがイワシが好物だったとの記述があります。

 

彼女が夫の留守中にイワシを焼いて食べていたところへ、夫が帰ってきた。

彼女が、イワシ(当時は下魚とされていた)を食べているのに、驚いていた夫に対して

「日のもとに はやらせ給ふ いはし水 まいらぬ人は あらじとぞ思ふ」

と歌を詠んだと言われています。

この歌は、「日本中で岩清水八幡宮(当時の流行だった)に、参拝しない人はいない。」

と解釈できますが、「岩清水八幡宮」と「イワシ」を掛けて、

「日本中のほとんどの人々は、鰯を美味しいと食べているのに、これを食べない方がおか

しい。」という裏の意味があるとも言われています。

紫式部はイワシが、いかに美味しいのかがわかっていたのでしょうね。

 

今日は、丸々と太った「梅雨イワシ」が入荷しております。

鮮度も上々。

「お造り」もいいけど、紫式部さんの様に、「炭焼き」もおすすめです。

PS:そういえば以前に受けた「日本さかな検定」にも、このことが出題されていましたっけ・・・・。

2012.06.19

GHEE胡麻・今日の仕入れ~「丹後・とり貝」

三河産の地物・とり貝が終わるころ出てくるのが、「丹後・とり貝」

地元以外では、築地などを通じて、高級寿司店や料亭などに出荷される希少なものです。

 


 

左「丹後産」右「三河産」です。

味も、三河産に負けず、美味!

大きい分だけ、肉厚で旨みも濃厚です。

本日は思ったよりも安く仕入れることが出来ました。

希少な高級とり貝です!

ぜひお召し上がりください。

2012.06.17

GHEE胡麻のお箸

皆様が、お店に行って一番多く口にされるもの・・・・

もちろんお箸です。

 

お客様には安心してなおかつ、使いごこちの良いお箸を使っていただきたいものです。

GHEE胡麻でお使いいただくのは、本場・奈良吉野のお箸です。

割り箸ではなく、一本ずつ分かれているタイプ。

ささくれることもなく、反りもない使いやすいお箸です。

 

 

 

箸先が細く魚が食べやすいようにしてみました。

このお箸、実は中々丈夫で一度の食事でダメになる様なものではありません。

 

GHEE胡麻でのお食事後、もしよろしければお持ち帰り頂き、今一度ご家庭でお使いください。

きっと、

地球と職人が喜びます。

 

 

 

 

 

 

 

2012.06.13

GHEE胡麻オフィシャルサイトオープンしました

この度、岐阜県の居酒屋「GHEE胡麻(ギー・ゴマ)」のオフィシャルサイトがオープンしました。このサイトでは、店主による日記、お品書きのご案内、店主の情熱や空間のご案内などをしています。みなさまのご来店、心よりお待ちしております。

ページの先頭へ戻る